読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕立図書館

大学生のぼくの読書、映画日記

美女と野獣

美女と野獣 監督 ビル・コンドン 2017年

f:id:yam718195:20170507140715j:image

〜あらすじ〜

村のみんなに変わり者と言われる美少女ベルは父と二人暮らし。ある日ベルの父は町に仕事へ行く途中、森の中の見知らぬ城に迷い込んでしまう。そこは魔女に呪われし野獣の住処であり、ベルの父はバラを取ろうとしたせいで幽閉されてしまう。そのことを知ったベルは父を助けに向かい、変わり身となる。ベルに助けられた父は村人たちに助けを求めるが、、、。

そしてベルと野獣が一緒に過ごしていく中で彼らのお互いに対する気持ちは変化してゆく。

〜感想〜

良くも悪くもディズニー映画。原作アニメを見たときはあまり感じなかったが、実写版を見てみると、どうもそこらにありがちなラブロマンスに思えた。ミュージカル映画は嫌いじゃないけど、本作はなかなかに退屈を感じさせられた。終始細かいところに違和感を覚え、なにかと腑に落ちない気分。主演のエマワトソンよりも脇役の演技のほうが良かった。特にライバル的存在のガストン、とその連れのル・フウが良い。こいつらは物語上むかつく奴らなのだが、素晴らしい演技で見事にむかつく。褒めてますよ。

トーリーはあまりおもしろくなかったですが、映像は綺麗だし見る価値はあるかも。

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)