僕立図書館

大学生のぼくの読書、映画日記

恋愛寫眞 もうひとつの物語

恋愛寫眞 もうひとつの物語  市川拓司

〜あらすじ〜

カメラマン志望の大学生・瀬戸誠人は、嘘つきでとても謎めいた女の子・里中静流と知り合う。誠人はかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとける。そして静流は誠人に写真を習うようになる。

やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人にはずっと好きな人がいて、その思いを受け取ることはできなかった。

一年後、卒業を待たずに静流は姿を消した。嘘つきでしょっちゅう誠人をからかっていた静流だったが、最後の大きな嘘を誠人についたまま....。

 〜感想〜

どうせ叶うことがないなら、この思いを大切に温めておこう。

主人公・瀬戸誠人は奥手であり、片思いのベテランだった。僕自身、片思いの経験が多く、彼の考えには共感を覚えられ、自然と感情移入ができ、スラスラと読むことができた。

「ーーー好きな人が好きな人を好きになりたかったの.....」

静流は誠人に好きな人がいるということを知った上で、誠人に思いを伝えました。好きな人が好きな人(物)を好きになりたい、というのは誰しもが思うことでしょう。僕は静流の言葉を自分に重ねて、胸を痛めながら読んでいました。

「世界がもっと単純ならいいのに」
「どういうこと?」
「だから、私はあの人が好き、そしてその人も私のことが好き。それで成り立っているから難しいのよ」
「そうだよね」
「私はあの人が好き。それだけで成り立つなら、すごく簡単なことなのに」
「うん、ぼくもいつもそう思ってる」
「それなら、世界の恋は全て成就するわ」
「片思いの惑星?」
「そう」
「その星でなら、私も誠人ももうこれ以上なにも望む必要もないのにね」

この誠人と静流のやり取りが、堪らなく好きです。静流は病気で自分に終わりが近づいていることに気づいていました。だから静流は嘘をついて、彼の前から去りました。誠人は静流がいなくなって初めて自分の思いに気づいきました。誠人と静流は二度と会うことはありませんでしたが、最後に真実を全て知り、2人の片思いは終わりを迎えたのです。

悲しい終わり方でしたが、悲しい恋愛しかしてこなかった僕にはすごく共感が覚えられ、また青春を謳歌してた頃の甘酸っぱい気持ちを思い出させられました。

恋愛小説をあまり読まない僕が、なぜか手に取ったこの本。凄く良い作品だと思うのでオススメです。

追記:この小説、実写映画化しているそうです。

恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)

恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館文庫)

 

 

 

マンガ 脳科学入門 心はどこにある?

脳について考えたことありますか?心がどこにあるのか知っていますか?

アリストテレスは心臓こそが、心が生まれる場所と信じ、デカルトは、心は肉体とは別に存在すると考えた。いま、脳科学は、長らく人類を悩ませてきた謎を解明しつつある。最新の研究によって、心は脳のなかにあり、どんな感情が能のどの部位に生じるかまでわかってきているのだ。

私たちが生きていく上で欠かせない器官、脳。しかし私たちは脳について多くを知りません。

脳は、私たちが意識をしなくとも勝手に働いてくれます。したがって私たちは、普段の生活の中で、脳について考えることなんてほとんどないのです。

逆に脳の働きは複雑なのだから考えても分からないのでは、という考えに至るかもしれません。しかし脳科学の発展により、私たちの脳の仕組みは次々と解明されつつあります。本書はイラストでわかりやすく説明されています。

脳の仕組み、心の発現の仕方を知ることで、物事の味方が変わるかもしれません。また脳に障害がある人と接することがあるなら、その人の気持ちを理解できるようになるかもしれません。

大切な器官なのに、全然知らない脳。

脳について、少しでも興味があるなら本書がオススメです。

マンガ脳科学入門―心はどこにある? (ブルーバックス)

マンガ脳科学入門―心はどこにある? (ブルーバックス)

 

 

 

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

フィリップ・K・ディック  1977

〜あらすじ〜

舞台は第三次世界大戦後の世界。多くの人類は核による放射能灰に汚染された地球を後にし、火星などへの移住が進んでいた。主人公リック・デッカードはアンドロイドを狩る賞金稼ぎ。アンドロイドとは惑星開拓用に生み出された人間型ロボット。それらは人間と見分けがつかないほど精巧に作られている。そんなアンドロイドが火星を脱走し、人に紛れ地球に潜伏している。アンドロイドを追う中で、リックのアンドロイドに対する感情は変化していった。

人間とアンドロイドは何が違うのだろうか?

人間はなにをもって人間であるのか? 

〜感想〜(ネタバレあり)

面白い。2回読みました。

物語の中の地球では放射能灰の影響で多くの動物絶滅しています。ですので人々にとって生きている本物の動物を飼うことが一種のステータスになっています。主人公リックは電気羊を飼っています。電気羊とは電気動物、つまり動物型ロボットです。しかし彼も本物の動物が欲しいので、アンドロイドを狩ることに必死でした。最初彼はアンドロイドをモノと見なすことで、なんとか人間そっくりなそれらを殺していきます。しかし彼はあまりにも人間のような、むしろ人間より優れている面をもつアンドロイドに尊敬の心、愛を感じてしまった。しかし別の賞金稼ぎフィル・レッシュは躊躇なくアンドロイドを殺してしまう。そこで彼は人の中にある冷酷なアンドロイドのような面を見るのです。

一方アンドロイドは人間の下僕として造られたのですが、その状況から逃れ、自由に暮らしたいが為に脱走するのです。ロボットなのに自由を求めるなんて、とても人間臭いです。彼らの人間との唯一の差は感情移入脳力の有無です。しかしフィル・レッシュの件で

話の途中で誰がアンドロイドで誰が人間か分からなくなります。主人公のリックですらアンドロイドではないかと一瞬疑ってしまう僕がいました。そこがとんでもなく面白いのです。

ロボットの技術が物凄いスピードで発達している今の時代。本作に登場するようなロボットが実現されるのに、そう時間はかからないかもしれません。それまでに人間とアンドロイドの関係をハッキリとさせなければなりません。

もうSFの世界はただの絵空事ではないのです。

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 

 

 

ガントレット

ガントレット 1977

主演・監督 クリントイーストウッド

f:id:yam718195:20170519215741j:image

〜あらすじ〜

アリゾナ州フェニックス市の刑事ベン・ショックリーは、市警察委員長ブレイクロックに、ある事件の証人となる女性ガス・マリーをラズベガスから護送することを依頼される。

しかしマリーは何者かに命を狙われており、ショックリーとマリーは護送中に襲撃された。委員長に助けを求めるも、駆けつけた警察に銃撃されてしまう。

果たして彼らの命を狙うのは誰なのだろうか。

ショックリーはマリーを無事護送できるのか?

 

〜感想〜(ネタバレあり)

クリントイーストウッドが監督・主演を兼任するこの映画、彼のカッコ良さがよく分かるし、また派手な銃撃のシーンが何度もあり、とても面白いです。

ネタバレするとこの物語の黒幕は市警察委員長のブレイクロックです。彼は警察にしてマフィアと 繋がっており、マリーの証言によって悪事がバレてしまうのです。事件の真相に気づいたショックリーはブレイクロックに利用されたことに激怒し、死んでも検事局に辿り着くことを決心しました。マリーがそんなこと意味がない、命の無駄だと止めようしましたが、彼の決意は固い。その時のやり取りがカッコいい。

シ「誰かが俺のやることをわかってくれる。」マ「委員長?」

シ「俺だ!」

男にはやらねばならない時があるってやつです。自分のプライドのために命をもかけるのです。カッコいい、、、。

ところでタイトルのガントレットとは中世の刑罰の1つで、罰を受ける者が鞭を持った二列の兵の間を通ることを強制され、両側から鞭打たれるという刑罰です。f:id:yam718195:20170521001509j:image

この映画のクライマックスのシーンでショックリーとマリーはバスに乗り込み、目的地の検事局に突撃します。しかしそこにはたくさんの警察が拳銃を構え列をなしていました。彼らの乗るバスは数え切れないほどの銃撃を受けながら進んで行くのです。物凄い迫力ですので是非観て貰いたい。

 

ガントレット [Blu-ray]

ガントレット [Blu-ray]

 

 

 

愛とか正義とか

倫理の授業でテキストとして買わされた本。なんとこの本の著者は授業を担当する先生本人なのだ。自分の本をテキストとして生徒に買わせるのです。なんて汚い商法でしょうか、と第一印象。

ここでAmazonのレビューを見て見ましょう。

内容からして深くなく、得れる知識は余りない。しかし、某大学の定期末テストでは教科書がなければ解けない問題を出している。そのため講義は商売をしているように見えてくる。

おお、これはひどい。もうひとつ。

大学で筆者の授業の教科書となったので購入。
テスト持込の資料なので買わずにはいられなかった。

ひととおり目を通したが、すごく勉強になったかといわれれば首を横に振ると思う。
長文で絶賛されている方がいるが、私は共感できなかった。

やはりこの本は嫌な商売のにおいがぷんぷんするだけの本なのだろうか。。 。

しかし読んでみなければ、内容の良し悪しはわかりません。読んでみました。

おもしろい!!が、哲学・倫理を学び始める(教養科目としてしょうがなく授業をとった)人向けの本です。

この本のおもしろいポイントは哲学、倫理の問題を考えるきっかけとして漫画の話題が出てくるところです。例として、漫画「デスノート」の主人公は正義か?というトピックスがあります。これから正義とはなにか考えていくのです。これはとてもおもしろいし、考えやすい。なぜなら僕がデスノートが好きだからです。だからデスノートを知らない人にとっては別に取っつきやすい訳でもないし、おもしろくないのでは?

結論としては、

「自分の本をテキストとして生徒に買わせるなんてセコイ!!」→色々考えたけど、やっぱり少しセコイかなと。でも授業で教えたいことが書いてあるのは自分の本でしょうね、そりゃ自分で書いたんだから。

「内容ってあんまり良くなくね?」→こんなこと言ったら元も子もないが、人によりけりですね。ハマる人にはハマる。まあそれでは名著とは言えないでしょうね。でも、僕はまあまあ好きです。

と思いました。

 

愛とか正義とか―手とり足とり!哲学・倫理学教室

愛とか正義とか―手とり足とり!哲学・倫理学教室

 

 

 

美女と野獣

美女と野獣 監督 ビル・コンドン 2017年

f:id:yam718195:20170507140715j:image

〜あらすじ〜

村のみんなに変わり者と言われる美少女ベルは父と二人暮らし。ある日ベルの父は町に仕事へ行く途中、森の中の見知らぬ城に迷い込んでしまう。そこは魔女に呪われし野獣の住処であり、ベルの父はバラを取ろうとしたせいで幽閉されてしまう。そのことを知ったベルは父を助けに向かい、変わり身となる。ベルに助けられた父は村人たちに助けを求めるが、、、。

そしてベルと野獣が一緒に過ごしていく中で彼らのお互いに対する気持ちは変化してゆく。

〜感想〜

良くも悪くもディズニー映画。原作アニメを見たときはあまり感じなかったが、実写版を見てみると、どうもそこらにありがちなラブロマンスに思えた。ミュージカル映画は嫌いじゃないけど、本作はなかなかに退屈を感じさせられた。終始細かいところに違和感を覚え、なにかと腑に落ちない気分。主演のエマワトソンよりも脇役の演技のほうが良かった。特にライバル的存在のガストン、とその連れのル・フウが良い。こいつらは物語上むかつく奴らなのだが、素晴らしい演技で見事にむかつく。褒めてますよ。

トーリーはあまりおもしろくなかったですが、映像は綺麗だし見る価値はあるかも。

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション(日本語版)

 

 

 

学びのティップス 大学で鍛える思考法

〜要約〜

勉強するために大学に入ったんだから、遊びも程々にして勉強頑張ってね。 

本読んだり、旅したりしていろんな経験を積もうね。大学生活の中で自分を成長させよう!!

 〜感想〜

勉強もそこそこに遊び呆けてるアホな大学生になりたくない人が読んで自己啓発するための本。この本読んで、よっしゃ勉強頑張るぜ!と思うのも読んだ直後のみ。(僕は)

まあこんな本読まなくても将来のこと考えたら勉強頑張るよね。

一時的にも動機付けを得たい人は読むべし。自己啓発本ってそういうもんだよね。でもこの本は自己啓発本じゃないし、自己啓発本特有のペラッペラの内容ではないよ。具体的なことがら書いてあるからね。ただ読み終わった後の、頑張るぜ!感が自己啓発のそれと似てるってだけです。

学びのティップス 大学で鍛える思考法

学びのティップス 大学で鍛える思考法